タイニーハウスに固定資産税はかかるの??

通常家を建てた場合のランニングコスト(建物を維持するために必要なコスト)として一番に思い浮かぶのは固定資産税という方も多いのではないでしょうか??

 

ではタイニーハウスの場合は固定資産税はどうなっているのでしょうか??

 

固定資産税とは??

何を言っているのかさっぱりわからない!とジェスチャーする外国人の女性

出典

https://www.pakutaso.com/search.html?offset=0&limit=30&search=疑問

 

固定資産税とは資産(土地や建物など)に対して発生する税金で各市町区村が徴収をおこなっているものとなります。

固定資産税は、土地・家屋・償却資産(これらを総称して「固定資産」といいます。)の所有者に対し、その固定資産の価格(適正な時価)に応じて課される税です。

*出典http://www.city.kawasaki.jp/230/page/0000017080.html

つまり家だけでなく何かしら固定資産となるものを持っていればそれに対して税金が固定資産税としてかかるということですね。

固定資産税の算出方法は??

今年の控除額を計算する子供

出典

https://www.pakutaso.com/search.html?offset=0&limit=30&search=計算

では徴収される固定資産税はどのように算出されるのでしょうか?

上記にある通り基本的には「固定資産税の評価額×税率」となります。(市区町村によって異なる可能性がありますので詳細は所属されている市区町村のHPをご確認ください)

ただし、

原則として価格が課税標準額となりますが、土地における負担調整措置や住宅用地などに対する課税標準の特例が適用される場合は、それらの適用後の額が課税標準額となります。

とあるように特例もあるようですので一度ご自身が所属されている市区町村のHPをご覧になってください。

 

タイニーハウスには固定資産税はかかるの??

ではタイニーハウスには固定資産税はかかるのでしょうか?

 

答えは「タイニーハウスの形態と市区町村によります」

 

給排水や電気工事などがなされているタイニーハウスでは建物とされる可能性が高い一方でトレーラータイプやモバイルタイプの車輪付きのタイニーハウスで給排水や電気工事をしていない場合、「軽車両」として取り扱われる可能性があります。

その場合は建物としては取り扱われないので固定資産税は徴収されません。

また、固定資産税について評価額の1.4%を基に市区町村で変更していいということになっております。

そのため各市区町村で違っている可能性もあります。

タイニー

出典

http://as-japan.com/mini3/s-tiny

 

以上のようにタイニーハウスのランニングコストとなりうる固定資産税については各市町区村で違いがある可能性があります。

もしタイニーハウスの購入や自作を検討されている方はまずはその土地や建物が属する市町区村の窓口に問い合わせてみてください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL