タイニーハウスに宿泊?気になる宿泊価格は??

最近ログハウスやDIY関連の書籍やニュースで出てくる「タイニーハウス」

ただ、

”タイニーハウスって最近聞いたことある””言葉は知ってるけどどんなのかは知らない”

という方多いんじゃないでしょうか??

 

そんなタイニーハウスですが実は購入しなくても体験できる方法があるんです。

ずばり「タイニーハウスで宿泊」しちゃうんです!

 

そもそもタイニーハウスって??

まずはタイニーハウスですが、元々はアメリカで流行っていて「Tiny house=小さな家」を意味し、ツリーハウスやボートハウス、トレーラーハウスも含めた「小屋」全般を指します。

近年日本でもセカンドハウスとして購入者が増えており、ムーブメントとなりつつあります。

無印良品の小屋

出典

https://www.muji.com/jp/mujihut/

購入するといくらするの??

ではそのタイニーハウス ですが購入しようとすると価格はどれくらいになるんでしょうか?

大きさやタイプにもよりますが、大体400万円〜での購入が可能のようです。

さらに最近ではタイニーハウス キットなんてものもあり、完成品を購入するのではなく自作でタイニーハウスを作る方もいらっしゃるみたいです。

その場合は100万円以下での購入も可能ですので購入できる層の幅も広がりますね。

出典

http://as-japan.com/mini3/s-tiny/tinyterrace

タイニーハウスで宿泊できる場所は??

とはいえ、「実際に体験してから購入を検討したい」方や「購入は今のところ検討してないが興味はある」という方もいらっしゃると思います。

そんな方にオススメなのが”タイニーハウスに宿泊してみること”です。

 

えっ!?そんな気楽に泊まりにいけるものなの??と思ったそこのあなた!

実は意外と近場でタイニーハウスに実際に泊まれるところがあるんです。

ここではタイニーハウスに実際宿泊できる場所をいくつか紹介します。

Tinys Yokohama Hinodecho

出典

http://tinys.life/yokohama/

SHARES ラグーナ蒲郡

出典

https://www.shares-gamagori.com

キャンピカ明野ふれあいの里

出典

https://www.pica-resort.jp/stay/site/campica-akeno/?view=site

 

今回はタイニーハウスに宿泊できる場所をいくつか紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか??

週末のお休みを利用して気軽に使ってみるのもありですね。

宿泊価格もかなりお手頃なものもあるので購入を検討している方だけじゃなくアウトドアが好き、いつもとは違った環境で過ごしてみたいなんて方にもオススメです。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL