無印のタイニーハウス-無印の小屋の評判は?デメリットや注意点をまとめました

無印のタイニーハウスの基礎知識

無印の小屋のコンセプト

山や海、庭など、自分のすきな場所に置けば
たちまちその土地の一部となり、もうひとつのくらしがはじまる。

そんなイメージから生まれたまっさらな小屋です。


無印の小屋

無印のタイニーハウスの値段は??

本体価格
・標準仕様:3,000,000円
・断熱仕様:3,362,000円
・防犯仕様:3,290,000円

調査費用
事前調査:60,000円 / 地耐力調査:110,000円 / 測量・配置:税込170,000円

オプション
シーリング照明用電源、スイッチ:23,000円 / コンセント(2口・2ケ所):23,000円 / エアコン用コンセント:40,000円 / 給排気口:44,000円 / 網戸(引き戸・小窓セット):31,000円 / 断熱材(壁面):97,000円

・設置可能エリア
東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県 群馬県、栃木県、茨城県、山梨県、静岡県

外観,内観


・素材は以下の写真の素材が使われています。

気になる購入方法は?

無印良品有楽町店にて購入が可能となっております。
また、無印良品有楽町店が12月2日(日)で終了し、銀座店へと移行するため、引き続き取り扱いがあれば銀座店で購入が可能となっています。

無印の小屋レビュー

僕が感じたメリットとデメリット

他のタイニーハウスと比較

タイニーハウスを販売しているのは無印良品だけではありません。
いくつかのタイニーハウスと無印良品のタイニーハウスを比較してみます。

丸腰不動産


丸腰不動産ではシンプルで小洒落はタイニーハウスを格安で提供している会社です。

・マイクロハウスby丸腰不動産

切妻屋根のシンプルなカタチが幾何学的かつシンボリックな印象に。
ヒトの身体的なスケールに近づけて、小さいながらも圧迫感を与えない開放的な空間を演出しました。ヒトが住むことをきちんと想定された、強度や気密性、断熱性など安心して過ごせるしっかりとした構造となっています。

無駄を省いた作りになっているという点で無印と丸越不動産のタイニーハウスの作りは似ているように感じます。
本体料金:1280000~(税込)※九州圏内

・別途かかる料金
確認申請費用、基礎工事費用、設計企画費用、インフラ引き込み工事費(任意)等が必要となります。

無印の小屋の3分の1の価格で購入することが可能となっています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL